加熱式電子タバコ

加熱式電子タバコのメリット

加熱式電子タバコは様々な味付けが施されているリキッドを封入したカートリッジを専用の電熱器で加熱し、発生した蒸気を吸引する嗜好品です。一連の動作が紙巻きタバコを吸う仕草に似ていることから電子タバコの…

» Read More

加熱式電子タバコのデメリット

従来の紙巻たばこよりも様々なメリットがあるとして加熱式電子タバコへと移行する人が増えています。しかし、全くデメリットが無いというわけでもありません。加熱式電子タバコには専用のリキッドが必要となりま…

» Read More

ニコチンリキッドで電子タバコをもっと楽しむ

大人気の電子タバコですが、日本国内ではニコチンリキッドの製造や販売は禁止されています。けれども個人輸入をして自分で楽しむのであればOKです。アメリカやカナダ製は、フレーバーも豊富です。

加熱式電子タバコのランニングコスト

加熱式電子タバコの仕組みとメリット

加熱式電子タバコは、電子タバコの一種ですが、タバコの葉に火をつけるのではなく、加熱するため、タバコの葉本来の味わいや香りを楽しめのが特色です。いくつかの製品が販売されていて、低温で加熱するタイプと高温で加熱するタイプがあります。低温加熱タイプはリキッドを加熱してタバコの葉に霧状にしたリキッドを通過させます。高温加熱タイプはヒーターで直接タバコの葉を加熱する方式です。 加熱式電子タバコのメリットは火を使わず安全なことと灰が出ないため灰皿が必要ないことです。また、タバコのニオイがせず、煙は水蒸気なため副流煙の心配がなく周囲の人に迷惑をかけません。禁煙するためのファーストステップとして、加熱式電子タバコを利用することも可能です。

加熱式電子タバコのランニングコスト

加熱式電子タバコを利用する際には、初期投資が必要です。電子タバコ本体を購入する必要があるのです。メーカーにより価格は異なりますが、2,000円から10,000円程度の価格帯で販売されています。 また、ランニングコストとして、低温加熱式タイプはリキッドの購入価格があり、高温加熱式の場合は、ヒートスティックの購入が必要です。リキッドの価格については15mlで1,580円にて販売されており、ヒートスティックは20本入りで520円程度です。 低温加熱式タイプの場合は、他にもコイルという消耗品が発生します。コイルは2週間ごとに交換しますが、その価格は2,000円前後です。高温加熱式タイプの場合は、定期的なクリーニングが必要で、クリーニングキットは480円にて販売されています。クリーニングは毎日するのがおすすめです。

ニコチンリキッドタイプ

ニコチンリキッド電子タバコのメリット

ニコチンリキッドタイプの電子タバコには、今までの電子タバコでは味わうことがなかったメリットが大きいといわれています。今までの電子タバコではフレーバーの種類が豊富であるため、自分好みの味のリキッドを…

» Read More

ニコチンリキッド電子タバコのデメリット

薬事法により、ニコチンリキッドの国内販売は禁止されています。そのため、コンビニやスーパーで購入することができません。しかし「個人輸入」という方法をとれば、海外から購入することが可能です。海外の電子…

» Read More

ニコチンリキッド電子タバコのランニングコスト

禁煙を考えている人の中には代替品として電子タバコを選ぶ人も多いようです。日本製のリキッドならニコチンも入っておらず、煙ではなく水蒸気を吸うので健康被害もタバコよりも少ないとされています。気になるの…

» Read More