加熱式電子タバコのメリット

紙巻きタバコのような健康被害の心配が無い

加熱式電子タバコは様々な味付けが施されているリキッドを封入したカートリッジを専用の電熱器で加熱し、発生した蒸気を吸引する嗜好品です。一連の動作が紙巻きタバコを吸う仕草に似ていることから電子タバコの名前で呼ばれていますが、日本で販売されている電子タバコにはニコチンやタールなどタバコ特有の成分は含まれていません。そのため、これらの有害な成分を体内に取り込んでしまう心配が無いのが大きなメリットです。 また、従来の紙巻きタバコは刻んだ葉だけではなく吐き出した煙にもニコチンやタールが含まれています。周りの人が煙を吸い込んで健康被害に見舞われるケースもありますが、電子タバコはそのようなトラブルの原因にはなりません。

長期的に見れば安上がり

加熱式電子タバコを楽しむには専用の電熱器にリキッドを封入したカートリッジが必要です。また、電熱器用のバッテリーや充電器も欠かせません。これから電子タバコを楽しむ人はこれらをすべて用意する必要があるので出費が嵩みます。しかし、長期的に見れば紙巻きタバコを購入するよりも安上がりです。加熱式電子タバコに使われるリキッド封入型のカートリッジは通常の使い方であれば、従来の紙巻きタバコで約数十本ほど吸うよりも多く使うことができます。 また、カートリッジはリキッドが空気に触れない作りになっているので風味が低下せず、使用中に別のカートリッジと交換しても無駄になりません。そのため、長く使い続けるほど紙巻きタバコよりも支出額を低く抑えることが可能なのです。