ニコチンリキッド電子タバコのランニングコスト

リキッドにかかる金額を考える

禁煙を考えている人の中には代替品として電子タバコを選ぶ人も多いようです。日本製のリキッドならニコチンも入っておらず、煙ではなく水蒸気を吸うので健康被害もタバコよりも少ないとされています。気になるのは電子タバコを利用した時にどれくらいのコストがかかるかで、タバコと比較するとわかりやすそうです。これまでタバコを吸っていた時間に電子タバコを利用するとして考え、さらにリキッド1ミリリットルでタバコ一箱分が吸えるとして計算してみましょう。15ミリリットルのリキッドが1500円ぐらいだとすると1ミリリットルで大体100円ぐらいになり、一箱400円ぐらいのタバコと比較すると4分の1程度で利用できそうです。その他にかかるコストも加味して利用を検討すると良いでしょう。

電子タバコ本体の消耗品のコスト

電子タバコを吸うときには金属製の本体とリキッドが必要になります。電子タバコの名前の通り電気が必要で、本体に充電をして利用します。電子タバコのランニングコストを考えるのであれば本体以外の色々なコストを考える必要があり、それがタバコよりも少なくなるなら禁煙も進めやすくなるかもしれません。電子タバコは金属製なのでそれなりに耐久性がありますが、一部定期的に交換が必要な部品がありそちらの費用を考えてみましょう。リキッドを直接加熱するコイルは2週間に一度の頻度で交換した方が良く、価格としては千円もしないぐらいになっています。コイルの交換代としては1か月で2千円もかからず、1日あたりだと100円にもなりません。タバコに比べるとかなり安く利用できる仕組みだとわかります。